2009年12月15日火曜日

telnetの設定

今日telnetをやってみた。
telnetは本来セキュリティーで問題があるため利用しない方がいいのだが、勉強の為に行ってみた。
環境はXP。サーバ側の手順は以下の通り。

  1. ポートを開く。(TCP23番)
  2. telnetサービス起動(インストールされていない場合はインストールしてから)
    ※XPでは標準でインストール済、vista以上からで手動インストール要
  3. tlntadmnコマンドで設定の変更。
  4. ユーザー権限の確認。(adminならリモートログイン可能、一般ユーザーならリモート可能グループに所属させる。あるいはその権限をユーザーに与える)
  5. ログイン条件など修正のある場合は都度修正。
    例)「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」→「ローカルポリシー」→「セキュリティーオプション」→「ローカルアカウントの空のパスワード使用をコンソール・・・」で空passwordでログイン可能になる。

あとは、クライアントでtelnetを叩けばよい。
一番手こずったのはログイン時の空パスワードでログインできなかった時です。
当初、ユーザーに権限がないのかといろいろ調べたのですが解決せず、結局空パスワードを使っていたせいでした。

次は、WindowsでSSHを試してみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました
このガジェットでエラーが発生しました

どうしようもないクズのアーチャー